モモ【2021】

モモ【2021】

販売元
Fattoria Al Fiore ファットリア・アル・フィオーレ
通常価格
¥3,400
販売価格
¥3,400
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

ファットリア・アル・フィオーレさんは、2014年より川崎町安達の耕作放棄地を開墾し、ブドウを育て、ワインを造られています。

"Fattoria"とはイタリア語で農場を意味し、『AL FIORE』とは代表である目黒浩敬さんが2002年に仙台市内に開いたイタリアンレストランの名前です。『一輪の花』を意味する『AL FIORE』という言葉には、"みなさんを魅了する一輪の花が、やがて種をこぼし、お花畑のように多くの人々の幸せへと広がるように"という願いが込められております。


モモというワインは、黒ブドウのマスカットベーリーAに白ブドウを合わせたロゼのスパークリングワインです。

2021年のモモは、若き3名の生産者さんの力によって仕上がりました。『Everything is a gift』でお馴染みの、山形県大江町の田中洋輔さん。『Genchi 2021』でご紹介させていただいた、秋葉陽輔さん。秋葉さんと同じ、山形県上山市の吉田篤さん。

どのブドウも充分に美味しいのですが、熱い想いを持った3名の経験値が更に向上していけば、単体でも、とんでもないワインができると、近い将来、確信しています。ブドウに対する愛も強く、ワインも好きな方たちで、生育状況はもちろん、収穫のタイミングまで全く妥協なく手入れやご報告をくださることで、本当に良い関係が築けております。

そのことが顕著に表れたかのように、例年のチャーミングさも残しながら、極めてドライで、凝縮した果実味を感じます。オーストラリアのペットナットのような雰囲気もありつつ、日本らしいサクランボの印象も持ち合わせています。


濁りや発泡が強いので、好みは分かれるかもしれませんが、私たちは、とても満足のいく仕上がりになりました。この組み合わせは今年だけかもしれませんが、毎年成長し続ける、この3名の生産者さんの今後もどうぞご期待ください。
(ワイナリー資料より)


※こちらのワインは、濁りが強く、非常に吹きこぼれやすいワインです。冷蔵庫で十分に冷やしてから、ゆっくりと開栓してください。

※こちらの商品はクール便でお届け致します。

商品名  

momo モモ【2021】

生産者

Fattoria Al Fiore ファットリア・アル・フィオーレ
内容量 750ml
生産国

日本

地域 日本≻宮城県川崎町
タイプ

ロゼ・スパークリング

品種

マスカットベーリーA 42%
セイベル9110 34%
メルロ 24%